BIOGRAPHY

ヴァイオリニスト。作曲家・渡辺裕紀子と松本真由子と信州を拠点に活動するグループ《やまびこラボ》メンバー。芸術団体《インプロ・りぶる》主催。

クラシック音楽から現代音楽、新曲、即興演奏まで幅広く行う。大友良英による新作初演《MUSICS あるいは複数の音楽たち その1》、作曲家・山本和智によるレクチャー・コンサート《お茶の間サイズの現代音楽史 最終回》、日本現代音楽協会《フォーラムコンサート 2023》などに出演。

また、ソロ・リサイタルやさまざまな公演を自ら主催・企画。俳優・岡本唯との共同企画《作品 #3 俳優とヴァイオリニストとホルニストによるインプロヴィゼーション》は、アーツカウンシル東京 スタートアップ助成に採択された。YouTubeなど各種プラットフォームで音楽映像を制作・公開するなど、オンラインでも音楽制作を積極的に行う。

クラシックにおいては、ピアノとヴァイオリンのための二重奏を得意としており、ピアニストのための室内楽講座《福士恵子アンサンブルクラス》の演奏助手を務める。主なレパートリー(ソナタ)はモーツァルト KV308、ベートーヴェン 第1~5番・第9番、ブラームス、リヒャルト・シュトラウス、プーランクなど。

2019年1月25日、デビュー・リサイタル《コンプレクス。》を開催。音楽WEBマガジン・「メルキュール・デザール」に批評が掲載されるなど、反響を得る。

2020年4月27日には、パンデミック下のベルギーにて、完全在宅・iPadで録音したJ.S.バッハ作曲「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ BWV1003」と即興演奏を交えた1st アルバム・《BAN》をリリース。

2021年夏にベルギーの音楽院「IMEP」修士課程ディプロムを取得。デュティユ作曲・ヴァイオリン協奏曲「夢想の樹」を演奏したコンチェルト試験と、即興演奏を組み込んだリサイタル試験、共に学年最高点を得て修了した。その後日本に完全帰国し、現在は東京〜関東圏や、長野県茅野市を拠点に活動している。

Ayako KATO, elle est violoniste au Japon. Elle étudie chez Marc Danel à l’IMEP en Belgique depuis septembre 2019.

Elle a déjà donné son récital de violon au Japon le 25 Janvier 2018, qui été nommé “COMPLEX” . Il a eu des retentissements sur Interenet et une critique a été publiée sur la site se “Mercure des Arts“. (*au japonais)

Son répertoire principal: Le duo pour piano et violon ceux que Beethoven, Mozart, Prokofiev, Poulenc, et des autres compositeurs ont écri.
Elle aussi travaillais comme interprête et lecteurice dans le cours de musique de chambre pour pianist “Ensemble Class de Keiko Fukushi” du mais 2018 au juillet 2019.

Ayako KATO, she is a violinist in Japan and a member of “Musica Cosmos”, a musical project with two violins.
Her performance activities range from classical repertoire to new works and improvisation. She is also actively exploring online music activities by producing and releasing concerts and music videos on various platforms such as YouTube.

She has already given her violin recital in Japan on January 25th 2018, which was named “COMPLEX”. It has had an impact on the social network and a review has been published on the website “Mercure des Arts”. (*in Japanese)

Her main repertoire: The duo for piano and violin those that Beethoven, Mozart, Prokofiev, Poulenc, and other composers have written.

She also worked as a performer and lecturer in Keiko Fukushi’s “Ensemble Class de Keiko Fukushi”, chamber music course for pianists, from May 2018 to July 2019.

She is currently studying with Marc Danel at the “IMEP” that is a conservatory in Belgium.

PROJECT

MORE

CONCERT REVIEW

RECORDING

WRITING

FOLLOW ME !