プロフィール

加藤 綾子 -Ayako Kato

はじめまして。加藤綾子(@akvnimp)と言います。本名です。女子アナじゃありません。

ブログ「平成カトグラシー」について

もともと、自分の音楽活動の宣伝も兼ねて始めたブログでした。が、1年近く運営している間に色々な転換があり、現在は自分の趣味とか、日記とか、割と無責任に書いています。

加藤綾子の略歴

1993年生まれ、生まれも育ちも都内。好きな食べ物はラーメン。1にも2にもラーメン。

人間の兄がふたりと、弟にれん(雑種・元保護犬・♂・推定4歳)がいます。

下から上まで一直線に上がれるエスカレーター式の学校に中学まで通うも、厨二病の延長線上でうっかりヴァイオリン奏者を志す。ちなみに、中学在学中に1年間だけ文芸部に所属してました。

おかげさまで高校・大学・大学院と見事某芸術大学に落っこち続け、見事な学歴コンプレックスの塊と相成りました。発見:音楽界にも学歴コンプは存在していた。

 

その後紆余曲折あって今はフリーランスのヴァイオリニスト、という名のフリーター。即興演奏家という肩書きも使っていたのですが、「わざわざ別の肩書き使わなくても、クラシックのヴァイオリニストが即興演奏やったっていいじゃん」などとあんまり必要性を感じなくなってきたので今は名乗っていません。

某大手飲食店でバイトをしてみるも、おっかねえクレーマーのおっさんに絡まれたのがトラウマで1ヶ月で退職。クラウドなソーシングでライティングとかのほうがよっぽど向いていた。総じて意識は低い。

SNS

→オタいこともつぶやきます。

→ぶっちゃけ方向性を模索中。

加藤綾子がやってること

  • ワークショップ

→即興演奏のワークショップ。

  • 演奏会

→室内楽、リサイタルなど。スケジュールはこちら

  • 個人レッスン

→ヴァイオリン、即興演奏の個人レッスン。詳細はこちらのメールアドレスから直接お問い合わせください。ayakokatovn@icloud.com

  • プログラムノート執筆

→執筆:2018/10/19『Endor モーツァルトへの手紙』より、W.A.モーツァルト作曲「オーボエ四重奏曲」

音楽歴

2016年3月、洗足学園音楽大学音楽学部弦楽器コースを首席で卒業。同大学院器楽研究科弦楽器コースに進学。

洗足学園音楽大学大学院グランプリ特別演奏会にて『グランプリ』(最優秀賞)及び『審査員特別賞』を受賞。市川市文化振興財団 即興オーディションにて『優秀賞』を受賞。第28回日本クラシック音楽コンクール室内楽部門に三重奏で参加、第5位入賞。

平野公崇氏監修《目で聴く、耳で観る即興演奏コンサート》、洗足学園音楽大学大学院コンサートシリーズ《大学院コンチェルトの夕べ》(指揮・秋山和慶氏)に出演。後者はオーディションを経てソリストとして出演。

ヴァイオリンを有馬玲子、佐近協子、瀬戸瑤子、沼田園子、安永徹、川田知子の各氏に、室内楽を沼田園子、安永徹、須田祥子の各氏に師事。

現在は、オーケストラ助演・部活コーチ、自主公演の開催を主な活動としている。

「コンプレクス。」2019/01/25(金)開演