Biography

Photo by Yukiko Miyagi

加藤 綾子 – Ayako Kato

Biobraphy

*traduction français est en dessous

日本語

ヴァイオリニスト。2019年9月より、ベルギー・ナミュールの音楽院、IMEP修士課程に在籍。2台ヴァイオリンによる音楽プロジェクト《ムジカコスモス》メンバー。

2019年1月25日、デビュー・リサイタル《コンプレクス。》を開催。音楽WEBマガジン・「メルキュール・デザール」に批評が掲載されるなど、ネット上で反響を得る。

モーツァルトやベートーヴェン、ブラームス、プロコフィエフ、プーランクなど、多くのピアノとヴァイオリンのための二重奏作品をレパートリーとし、2018年5月~2019年7月まで、ピアニストのための室内楽講座《福士恵子アンサンブルクラス》の演奏および講師を務めた。また、演奏活動においては、新作初演や即興演奏も主軸に据えたプログラミングを行う。

 

主な受賞歴:

  • 洗足学園音楽大学大学院グランプリ特別演奏会にて最優秀グランプリ及び審査員特別賞
  • 第1回市川市文化振興財団即興オーディション優秀賞
  • 28回日本クラシック音楽コンクール室内楽部門第5位入賞

 

ヴァイオリンを佐近協子、瀬戸瑤子、沼田園子、安永徹の各氏に師事。

Français

Ayako Kato, qui est violoniste au Japon. Elle étudie chez Marc Danel à l’IMEP en Belgique depuis septembre 2019.

Elle a déjà donné son récital de violon au Japon le 25 Janvier 2018, qui été nommé “COMPLEX” . Il a eu des retentissements sur Interenet et une critique a été publiée sur la site se “Mercure des Arts“. (*au japonais)

 

Son répertoire principal: Le duo pour piano et violon ceux que Beethoven, Mozart, Prokofiev, Poulenc, et des autres compositeurs ont écri.
Elle aussi travaillais comme interprête et lecteurice dans le cours de musique de chambre pour pianist “Ensemble Class de Keiko Fukushi” du mais 2018 au juillet 2019.

 

Elle a prix:

Works

Performance
Works

Follow Me.

 

Photo by Yukiko Miyagi