演奏会・ライヴ

【ご報告】『安永徹先生・市野あゆみ先生 特別レッスン生による演奏会』終演のご報告

こんにちは。

加藤綾子(@akvnimp)です。

 

きょうはまた1つ、学生としての本番が終わりました。

安永徹先生・市野あゆみ先生、お二方の指導による「ヴァイオリンとピアノのためのデュオ」演奏会。

もともと、「洗足に入るなら絶対このレッスンは受講する!」と決めて、はじめての選抜オーディションはそれこそ、ガクブルしながら受けました。

それからというもの、ありがたいことに毎年、レッスンを受け続け、3月の発表の場に出演し続けることができました。

そして今回は、その最後の演奏会でした。

 

デュオって、最小にして最高の室内楽編成だと思うのです。とくに、ピアノとのデュオは。

ヴァイオリン奏者のわたしからすると、ピアノってまさに「1人オーケストラ」。

こっちが単旋律やロングトーンを弾いている間に、ピアニストはいくつもの和声や旋律やリズムや、たくさんの音を鳴らしているわけです。

 

今回演奏したのはヤナーチェク作曲の「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」。

ともかく臨時記号が多い。異名同音めっちゃ多い。リズムも「こんな細かく書く必要ある!?」と思うくらいややこしい。

でも、ピアノのそれと比べたら、ヴァイオリンの譜読みなんて楽勝です。

そして、大概のピアノ入りの室内楽は、そんなもんです。とにもかくにも、ピアニストの負担ってすごい。

 

だからピアノとのデュオは、ものすごく集中しなきゃいけない。

たった2人だからお互い素ッ裸。

その代わり、音楽で交わす会話はとーーーーっても濃密。

 

「デュオ」をきちっと学び始めた、大学2年からいままでの5年間。

いろんな曲をやってきました。

今日の演奏会でようやく、その会話を本番で楽しむことができたかな、という気がします。ちょっとはオトナになれたかしら。

この演奏会で演奏してきたソナタを振り返ってみたら、ピアノが大変すぎる曲ばっかりでした。学部2年から3年のギャップはんぱない。

 

卒業後も、デュオの勉強はずーっと大事に続けていきたいです。やりたい曲が山積みです。

ヤナーチェクもまたやりたいし、シュトラウスもプロコフィエフもプーランクまたやりたいし、フォーレはまだやったことないし、モーツァルトやベートーヴェンは生きているうちに全曲コンプしたい。

とくにプロコフィエフの第1番はプログラムに組み込んだリサイタルをやりたい。

▶プロコフィエフ のヴァイオリン・ソナタ第1番は、ブログで1記事丸ごと熱く語れるくらい好きです。「イカしたヴァイオリン・ソナタを紹介するぜ!プロコフィエフ作曲『ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第1番 作品80』

 

もっともーっと勉強したい、とわたしにしては珍しく、素直に前向きに思えた楽しい1日でした。

安永徹先生・市野あゆみ先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

ピアノの安藤真伊さん、カッチョいいヤナーチェクをありがとう。本番とっても楽しかったです。

そしてご来場いただいたみなさま、お忙しい中、ありがとうございました。

 

それでは、また。

ABOUT ME
加藤 綾子
フリーランス音楽家という名のフリーター。 後ろ向きだっていいじゃない 人間だもの あやこ という意識の低さで生きている。ヴァイオリン演奏・ライティングなど、お仕事のご連絡はこちらにお願いいたします。ayakokatovn@icloud.com