Profile

加藤 綾子 -Ayako Kato

現在は無所属ヴァイオリニストという名のフリーター。一時期、活動内容から即興演奏家という肩書きも使っていたのですが、今はあまり必要性を感じなくなってきたので名乗っていません。

1993年生。生まれも育ちも都内。短い人生における様々な出来事から、古今東西多種多様、立派なコンプレックスの塊にすくすく育ち、初リサイタルに劣等感のタイトルを冠することと相成りました。

即興演奏やるわ、作曲家の中ではダントツでプロコフィエフが好きだわ、おかげで誤解されがちですが、普通にバッハとかモーツァルトとかベートーヴェンとか好きです。秋山瑞人と太宰治も好きです。

現在の主な活動

ヴァイオリン演奏やレッスンなどお仕事のほか、リサイタルをはじめとしたクラシックのコンサート、即興演奏のワークショップを自主開催しています。

お仕事について

演奏会スケジュール

ブログについて

もともと、自分の音楽活動の宣伝も兼ねて始めたブログでした。が、1年近く運営している間に色々な転換があり、現在は自分の趣味とか、日記とか、割と無責任に書いています。「とりあえず読んでみるか」という人はこちら。

Follow Me!

Twitter

→よくつぶやきます。

Sonoligo

→面白そうなので始めてみました。「音楽家と音楽好きのためのプラットフォーム」だそうです。

Facebookページ

→ぶっちゃけ方向性を模索中。

Instagram

→方向性が五里霧中。

ド真面目な音楽歴

洗足学園音楽大学音楽学部弦楽器コース及び同大学院弦楽器コースを首席で卒業(修了)。

洗足学園音楽大学大学院グランプリ特別演奏会》にてグランプリ(最優秀賞)及び審査員特別賞を受賞。市川市文化振興財団 即興オーディションにて優秀賞を受賞。第28回日本クラシック音楽コンクール室内楽部門に三重奏で参加、第5位入賞。

平野公崇氏監修《目で聴く、耳で観る即興演奏コンサート》、洗足学園音楽大学大学院コンサートシリーズ《大学院コンチェルトの夕べ》(指揮・秋山和慶氏)に出演。後者はオーディションを経てソリストとして出演。

ヴァイオリンを有馬玲子、佐近協子、瀬戸瑤子、沼田園子、安永徹、川田知子の各氏に、室内楽を沼田園子、安永徹、須田祥子の各氏に師事。