Violin

独断によるおすすめヴァイオリン教本まとめ。初心者〜上級者まで、基礎練習のお供にはこいつらだ!

みんな大好きヴァイオリン教本の、独断と偏見によるオススメ集。初心者からプロっぽいかたまで、毎日のお供に。

独断によるおすすめヴァイオリン教本、2連発。サイモン・フィッシャーとレオポルト・モーツァルト

個人的にはヴァイオリン教本界の真打2冊だと思っている。

サイモン・フィッシャー『ヴァイオリン Basics: いつでも学べる基本練習300』

こちらは比較的新しい教本で、サイモン・フィッシャーというヴァイオリニストの著書。音楽之友社から和訳が出版されています。

この教本、これでもかっていうくらい懇切丁寧・エクササイズが揃い踏み、初心者はもちろん、万人にオススメできそうな良本だったので、あえて別記事にしました。もっとみんな使って?

毎日の基礎練習におすすめ。『ヴァイオリン Basics: いつでも学べる基本練習300』ヴァイオリンの基礎練習(ボウイング、音程、左手のシフトなど)に持ってこいな教本『ヴァイオリン Basics: いつでも学べる基本練習300』(サイモン・フィッシャー著)を紹介しています。...

レオポルト・モーツァルト『ヴァイオリン奏法』

そして忘れちゃいけないのが、モーツァルト・パパもとい、レオポルト・モーツァルトによる「ヴァイオリン奏法」。

いつの間にか新訳が出てましたね。

なんで忘れちゃいけないのかというと、古典的なヴァイオリン奏法の全てが、ここに書いてあるから。

「Basics」にしろカール・フレッシュにしろセヴィシックにしろ、ヴァイオリン教本は、全部、古典的な音楽・奏法を踏まえたもの。でも、この『ヴァイオリン奏法』には、ある程度現代向けにアレンジされてきた教えや音楽とは違い、300年くらい前のヴァイオリン、そして音楽の基礎が、そのまんま記されているわけです。

じゃあ、ホコリかぶった教えかというと、全くそんなことはない。ボウイングの付け方から音程の取り方まで、知っておいて損はしない、つーか今でも通用するレベル。さすがアマちゃんのパパだね!

結局どの教本がいいんだよ──というときは、このサイモン・フィッシャーとレオポルト・モーツァルトの2冊を買っとくと、あとあと便利だと思います。

スポンサーリンク

ヴァイオリン教本の重鎮。カール・フレッシュ『音階教本』

さて、どんどんエンジンかけていきましょう。お次はみんなのお友達、カール・フレッシュのスケールシステム(音階教本)。

年季が入りすぎてて表紙が存在しないマイフレッシュ。小学生からのお付き合い。

 

カーネルなんだかフレッシュなんだかわからねー名前ですが、その中身たるや極悪人そのもの。百ページ以上に及ぶ、ひたすらスケール、スケール、スケール。気が狂う。

夥しい書き込みと、夥しい音階の群れ。どこを開いても似たような表情しか見えない。怖すぎ。

 

ヴァイオリン初心者からプロオーケストラ団員、生涯どころか来世までお付き合いすること間違いなし。

こんなん手当たり次第にやってもしゃーないので、1日1つの調性をやるとか、自分がやっている曲と同じ調性のスケールをともかくゆっくりさらうとか、目当ての調性の5〜8番あたりがオススメ。

指のかたち、手首の向き、ポジションチェンジなどをひとつひとつ確かめながら、自分の左手に妙なクセがついていないか確認しながら。まさに基礎練習。耳掃除。特に6番以降の重音は効く。

初心者のボウイング練習におすすめ。セヴィシック『ヴァイオリン教本』

セヴィシックはたくさんあるのでどれを買おうか迷いますが、表紙に簡単な英語タイトルがついているので、それを参考に。私はボウイングがともかく下手くそなので、作品3の「40 variations」をよくさらってました。

初見でも弾けるような譜面と、メトロノーム表示。右手と左手の動きをぴったり合わせて、メトロノームともぴったり合わせる──とまあ、これだけ聞くと大したことなさそうなのに、案外むずかしい。たとえば40の変奏曲、最初の曲(テーマ)。

速度標語は『Allegro ♩=132』。ほかにも「p」や「クレッシェンド」記号、アクセント表記が付いていることもあります。これらを忠実に守って、ともかく右手の動き、ボウイングをきれいなかたちで行う

なにせ40もヴァリエーションがあるので、最初の1曲だけとか、自分の苦手なボウイング使いの曲を抜粋して、毎朝10分でもいいから、継続してじっくりやってました。

弓元を使うのがニガテな人向けのものや、スピッカートの基礎練習になるものもあります。セヴィシックの教本を揃えると「Basics」と同じくらいエクササイズの種類は富んでいるはず。ただ、「Basics」は一冊に収まってるのが強いか。

スポンサーリンク

中級者におすすめなヴァイオリン教本、ローデ『24のカプリース』

打って変わってシンプルなお名前のエチュード集。(本場の発音だとローじゃなくてローらしい)

こちらも長き付き合いだが比較的無事。

ローデのよいところは、まず、れっきとした曲であること。ざっと楽譜を見て、気に入った曲をさらうことができます。結果として血を見るハメになることもままあります。

そして、一曲一曲に、ヴァイオリンを弾くうえで欠かせないテクニックが詰め込んであります。「一弓スタッカートを練習したい!」というとき、ひたすら一弓スタッカートしかない曲とか正直げろげろしちゃうのですが、ローデの場合は違う。たとえば、こちらの第7番なんかは、丁寧に一弓スタッカートとレガートを交互に入れてくれています。

はじめて勉強するかたは21番がオススメかも。調号が♭2つ、一曲通して似たような曲調で、しかも、日本人がニガテとよく言われる3拍子。

 

基礎練習をしながら音楽的にも楽しめる良書。スケールだって音楽的にさらわなきゃいけないのですがそれはさておき、これ一冊、一通り弾けるようになれば、大概の曲に出てくるテクニックは学べるはずです。この曲集は何周もしたなァ。

教本って域じゃねえ、J.S.バッハ『無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』

このへんから雲行きが怪しくなってくるが、勢いで紹介。クラシック音楽界のビッグ・ダディこと大バッハ先生のお出まし。

向かって左がボウイング+自筆譜付きの『インターナショナル』版。右が、ボウイングなど一切なしの自筆譜に基づいた『ベーレンライター』版。私はベーレンライターを普段使いに、自筆譜やボウイングを確認したいときにインターナショナルを見ます。

 

もう教本じゃねえって勢いですが、とりあえずやっとけってみんな言う。どうせやらなきゃいけないからやれっていう。あと単純に曲が好き。

本当はコレルリとか、バッハとほぼ同時期〜以前の無伴奏作品もたくさんあるんですけど、ヴァイオリンを弾くなら、プロはもちろんアマチュアだって知っておいたほうがいい曲集。

 

じゃあなんで教本扱いなのよ、というと、もちろんテクニック的な側面もあるのですが、まーなんといっても暗譜がちょーたいへん。

たとえば、こちらは無伴奏ソナタ第1番より『フーガ』(Fuga)。はじめの主題を弾いたあと、こんな16分音符の群れが現れます。

これだけなら見た目に反してそんなに大変ではないし、弾きやすいものなのですが、問題は終盤。

ほーら、そっくりでしょう? ここでちゃんと暗譜できてないと、無限ループに陥ります。無限ループって怖くね?

でも、こんなのまだまだ序の口。いっぱいあるので探してみてほしい。楽譜をパラパラめくったり、インターナショナル版の自筆譜を眺めているだけでも、「ヴァイオリンってこんなことできるんや……」と楽しい、かもしれない。ソナタ第3番の『フーガ』とか、あまりの美しさと覚えづらさのあまり泣きを見るよ! 超オススメ!

 

ちなみに、なかには、一ページ足らずの(音を追うだけなら)短い曲もあります。まずはそこらへんから攻めてみましょう。バッハが暗譜できるようになればもう何も怖くない。

バッハだろうがバルトークだろうが使える、暗譜のコツ暗譜のコツについて。どうにも暗譜できないという人に。 楽譜を見ないで五線譜に書くとか、めちゃくちゃゆっくりさらうとか、私も色々試し...
スポンサーリンク

できればおすすめしたくない悪魔向け教本、パガニーニ『24のカプリース』

だからもう教本とか基礎練習とかいうレベルじゃねえですが、ようやくお出まし、イタリアの陽気でのっぽな小悪魔系あんちゃん・パガニーニ。

その昔、『パガニーニの伝記映画』という皮を被った、ただのポ〇ノ映画が2本ほど出たこともあるけれど見ずに流す。

こののっぽのあんちゃんは、自分が弾けるのをいいことに好き放題やらかして、あげく、無伴奏ヴァイオリンのための曲集まで残していきました。この男さえいなければ、いま、世界中のヴァイオリン奏者がこんなに苦しむことはなかった。

 

一方ヴァイオリン弾きなら誰しも憧れる曲集であることも事実かもしれない、が、「パガニーニといえば24番ですよね! たったたらららたっ、たたらららたっ、たたらららたーらー♪ですよね!」とかのたまいながら、24番のページをキラッキラッした目で開いているアナタは、いますぐそのページを閉じて、16番の真っ黒な見開きページを開きましょう。

真っ黒で目が潰れそうですが、どうしても、ど〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜してもパガニーニが弾きたいのなら、まずはこのへんが、まあ、なんとか、かろうじておすすめかなあ……って感じ……

ゆっくりさらってみるとわかりますが、見かけに反して、そんなに弾きにくくない。しかもわかりやすくカッコいい。

 

パガニーニの作品には、意外とクセみたいなものがあるように思います。例えば、これは9番冒頭。よく見るとフレッシュなおじさんの6番とか7番とかと似ていますね。まあ、死ぬほど音程はまらないけど。

一見とんでもない跳躍だけど、じつは単なる10度の繰り返しとか。真っ黒な音符がいくつも続いてるけど、じつは和音をバラしただけとか。この曲からパガニーニを譜読みするコツ、左手のかたちのコツ、右腕の上げ下げのコツなどなどを、焦らず掴んでいくのがいいんでないかなあ。

16番をきちっと終えたら、あとはお好みで。「トリル責めしてほしい」とか「一弓スタッカート責めしてほしい」とか、どんな要求にも、パガニーニなら答えてくれます。ただもし、これを読んでいるあなたが初心者〜中級者の方なら、パガニーニやる前に先述のカール・フレッシュとか、「Basics」とか、セヴィシックとかを間違いなくおすすめします。

 

独断と偏見によるヴァイオリン教本のおすすめ〜終〜

というわけで、ヴァイオリン教本のおすすめ紹介だったわけですが、数ある練習曲・曲集の中からチョー独断・偏見による選考、どれか一冊でも選んで、基礎練習に用いるだけでも十分かと思います。私見ダダ漏れですが、参考になれば幸い。

ABOUT ME
Ayako KATO
ヴァイオリニスト。 biography
《ムジカコスモス vol.04》

2020/03/07(土)開催。「2つのヴァイオリンによる音の宇宙」

more Info

2020年春・一時帰国中のスケジュール