ヴァイオリン・即興演奏の個人レッスン申し込み受付中!

「弓ダコ」は赤信号!正しいヴァイオリンの弓の持ち方

こんにちは。

ヴァイオリン奏者・加藤綾子(@akvnimp)です。

 

ヴァイオリンを弾いてるあなた。

右手の人差し指にこんなものができてませんか?

いまはだいぶ小さくなっていますが、もっと盛り上がっていました。

これは、わたしの右手の人差し指です。

そして、赤く囲っている、うっすらと盛り上がったこの部分。

わたしはこれを、「弓ダコ」と呼んでいます。みんなはなんて呼んでるのかしら。

が。

これ、勲章でもなんでもなくて、できたらアカンやつなのです。

人差し指と小指は対等な関係をこころがけよう

なぜ弓ダコはアカンのか。それは、

ATTENTION!

「『弓ダコ』が人差し指にできる」

=「人差し指に重心がかかりすぎている」

からです。

 

中指・薬指・親指の3本で「たまごをつつむように」、

そして、人差し指と小指は「きつね」のように弓にそえる。

写真撮影のため妙な角度になっていますが、人差し指と小指に注目。

基本はこれですね。

 

このとき、人差し指と小指は、それぞれ対等な位置関係になっているはずなんです。

弓先で弾くときは人差し指が、

弓元で弾くときは小指が、

それぞれ、弓の重さのバランスを取って、なめらかなボウイングを手助けしているのですね。

弓ダコは右手のバランスが崩れている証拠

弓ダコができるほど、人差し指に負荷がかかってしまうーー

これはつまり、弓元を上手く使えていないということ。

弓ダコは、人差し指ばっかり働かされてる証拠なのです。

 

なので、もし弓ダコができているかたは、小指を意識して普段から弾いてみましょう。

オススメのエクササイズは、人差し指から順に、中指、薬指…と外していって、最後は親指と小指だけで弓を持つ。

①まずは人差し指を離して、

②次に中指、

③そして最後に薬指。小指と親指の2本だけで指を支えている状態。ぷるぷる。

わたしも、これでだいぶ小指ちゃんが働き者になりました。

MEMO
慣れていないうちはじゃんじゃん弓を落っことすので、絨毯や布団のうえでやりましょう。

まとめ:からだのどこか一箇所に負担を背負わせるのはかわいそう…

というわけで、モニターの向こうのあなた。

いまいちど、自分の右手を見返してみましょう。

人差し指に、ぽっこりお山ができていませんか?

 

ヴァイオリンを弾くときは、からだの特定の部位にばかり負荷がかからないよう、なんとなく意識しておくのがオススメです。

からだのバランスが崩れるということは、そのまま演奏の乱れに直結します。ぜひお気をつけて!

▶たまには練習曲をさらって、妙な癖がついていないかよくよく確認しましょう。「イカした『ヴァイオリン教本』5冊を紹介するぜ!初心者〜上級者まで、基礎練習のお供にはこいつらだ!

 

▼その他、ヴァイオリンの演奏法や楽曲について知りたい方は、コチラのまとめも参考になさってください。

「ヴァイオリン」「クラシック音楽」について知りたいひとのための記事・まとめ

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です