10/19(金)室内楽演奏会「Endor」開催!
tacica

5曲全部ハズレなし。tacica「Human Orchestra」感想

「tacicaのミニアルバムならこれだルォ!?」と名高い、「Human Orchestra」がめでたく届きました。

http://〜という表記が時代を感じる

「は!? お前tacica好きとか言っときながら聴いてなかったの!?」って怒られそうだけど、届いてからリピートしまくって1時間で感想書きました。許してください。

1.HERO

「parallel park」で聴いてはいたのだけど、このど頭「HERO」からの次「クローバー」への流れは最高。というかHEROはいつ聴いても名曲すぎちゃって、それでいてなに言ってんのか聞き取れなくて……

 

「parallel park」をぶっ通しで聴いていると、どうしても4曲目のこれで1曲リピートをONにしてしまう。それくらい中毒性がある。

いやだってほら、このPVで坊やがグサグサ電極刺してる、デデッ デデッ (トゥクトゥクトゥクトゥク)デデッ デデッ (トゥクトゥクトゥクトゥク)がもう病みつきになっちゃう……お姉さんも電極地球に刺したい……

スポンサーリンク

2.クローバー

で、HEROからのクローバーのこの冒頭、もうダメ。こんなん漏れちゃう。

個人的にtacicaはドラムスティックのカッカッカッが入ってきたら名曲だと信じている。楽器増えて、ウアアきたきたと思ってたら「たーしかーな矛盾がっつぅら、なってさぁ」ですよ。たしかかよtacicaかよ、みたいな。のっけからバンド名かよセルフタイトルですか? みたいな。

 

サビで毎回、歌詞の一部分だけでハモるとことか、2番Aメロのギター伴奏がギグヂュッギグヂュッとか、ベタなんだけどカッコいい。「jacaranda」みたくあっちこっち色んなアレンジへ飛び回るのもいいけど、tacicaはこういう王道ロックな音の中で創意工夫してる時がやっぱ一番好き。

3.アシュレー

他4曲に比べるとそこそこ。他の曲がレベル高すぎて、たぶん違うアルバムに入ってたらまた違ったんじゃなかろうか。でも間奏は結構好き。

 

アルバム中、いちばんキャッチーな方へ振り切った感があるけど、いちばん歌詞が意味不明。「あ”────」でいつも気をとられる。

タイトルからして「なんでこのタイトルなん」といい意味で意味不明っぽさが漂うけど、ほんとなんでアシュレーなん? HEROに対するヒロイン……なわけないですね、忘れてください。

スポンサーリンク

4.オオカミと月と深い霧

あ──────いけませんこれはいけませんこれはもうダメですエンドレスリピート決定です。

 

最初ボソボソ歌ってるのに、不意にハモるの反則。抑えに抑えたギターとドラム反則。サビに向けて盛り上がる、と思ったら一瞬ですぼんで、と思ったらやっぱりあからさまに声張り上げるのも反則。

「いつかの獲物にさえ狩られる夢を見て また目が覚めた」だとぉ? そんなオオカミさん情けなさすぎてお家で飼いたいわ、うちの子と気が合いそう、どうですか珍島犬混ざってる雑種ですお友達になりませんか。

5.熱帯夜

最後にこれか……としみじみする。ギターたまんないですね……アア……あとたまに変なコード混ぜてくるのやめて変になっちゃうから……アアア……ってなるアアアって。

ところで、tacicaは最終トラックにちょっとマーチングっぽい曲をぶっこむのがお好きなのだろうか。「γ」といい「DAN」といい。

スポンサーリンク

tacica「Human Orchestra」ザクっとまとめ

結論から言うとかなりよい。

ミニアルバムだけど、コンパクトにまとまっていてハズレもなければ無駄もない。名盤だと思う。ジャケットやブックレットのデザインも、相変わらず素っ気なくて地味でいいと思う(褒め言葉)。

 

ただ、あ確かに若干BUMPっぽさが強い……だいぶバンプ……いやでも、私はそもそも「そんなにtacicaとBUMP似てなくね? アアン?」とシャフ度になるタイプなのであまり気になりませんでした。

たとえ似ていても、歌詞なり曲なり、tacicaはtacicaだなあと思わせる部分が間違いなくある。

 

ともかく5曲ともハズレがない。曲順とバランスも完璧。特に「クローバー」と「オオカミと月と深い霧」はtacica全曲中でもかなり上位に食い込んでくるレベル。

あと、歌詞の意味不明度もランキング下位なので、「jacaranda」に並んでtacica初心者におすすめするならこのアルバムかもしれない。ランキングつけたことないけど! ランキング作りました。

tacica初心者にオススメなアルバム5枚を、血涙流しながら選んだtacicaを初めて聴く人にどのアルバムをおすすめすればいいのか、本気出して考えてみた。決まらなさすぎて泣いた。 この記事はそんな...
ABOUT ME
加藤 綾子
フリーランス音楽家という名のフリーター。 後ろ向きだっていいじゃない 人間だもの あやこ という意識の低さで生きている。ヴァイオリン演奏・ライティングなど、お仕事のご連絡はこちらにお願いいたします。ayakokatovn@icloud.com
室内楽演奏会「Endor」開催

「モーツァルトへの手紙」をテーマに、モーツァルト作曲の室内楽曲、そしてオーボエ四重奏のための完全新作「Endor」(エン・ドル)を初演いたします。

ご予約・お問い合わせはこちら!