クラシック音楽

音楽家のわたしが、演奏会の差し入れに『茅乃舎だし』をオススメしたい4つの理由

こんにちは。

加藤綾子(@akvnimp)です。

 

演奏会の鑑賞といえば、そう、差し入れです。

花束、ハンドクリーム、お酒、お菓子……ネタにはつきませんが、正直、差し入れる側は、

「これ、他の人とかぶってるんじゃない?」

「これ、持ち帰るの大変かなあ」

などなど、何かと気を使いますよね。

 

というわけで。

今日は、わたしが今、

「コンサートの差し入れにこれ使えばいいじゃん!なんでみんなこれ使わないの!むしろください!

とモーレツにオススメしたい差し入れネタをご紹介します。

そのネタとはこちら──『茅乃舎だし』

 

『茅乃舎だし』は、ともかく美味しいおダシです。

[sanko href=”http://www.kayanoya.com” title=”久原本家 茅乃舎(かやのや)” ]

『茅乃舎だし』は……

[list class=”li-check”]

  • 日本橋とか六本木とかなんかあのへんの、
  • 行列がよくできて、
  • おいしいおダシを試飲しまくれる、
  • 粋なお店の粋なおダシ。

[/list]

 

©️椒房庵 www.dasiya.com

 

想像してみてほしい。

アナゴでも、うなぎでも、鮭フレークでもなんでもいいのです。

適当に刻んである具を真っ白なご飯の山にふりかけます

そして、そこに、黄金色に輝く熱ーいおダシをジャパジャパぶっかけます。

これだけで、超お手軽簡単、『茅乃舎だし』茶漬け。んもう、これがアホみたいに美味しい。

 

いつでもどこでも即興演奏……じゃなくて、いつでもどこでも『茅乃舎だし』。ちょっとお高いけど、それだけの値打ちがある、まさしく黄金のO・DA・SHIなのです。

ちなみに、twitterで「茅乃舎だし」を検索するとじゃんじゃん出て来ます。食らえ必殺ダシ・テロ

https://twitter.com/KazuQpx/status/977860483062484992

 

スポンサーリンク

『茅乃舎だし』はここがすごい!演奏会の差し入れにもってこいな4つの理由

ここからは、『茅乃舎だし』を演奏会の差し入れにオススメする理由を挙げて行きます。

理由①『茅乃舎だし』はかさばらない・持ち帰りが楽ちん!

出演者によって、会場から帰宅まで近い人もいれば、遠い人もいます。

この『茅乃舎だし』なら、基本的にかさばりません

見かけはタダの怪しい粉なので、持ち帰りにも気を使わなくて済みます。荷物が多い日も安心!快適!

理由②『茅乃舎だし』は、安すぎず高すぎず、多すぎず少なすぎず。

たとえば、2000円程度のお菓子を、おひとりさまの出演者に渡したいとします。

ところが、お菓子で2000円となると、なかなかのボリュームになってしまいます。

一人暮らしで食べきれるかどうか……食べきるとしても、途中で飽きちゃいそう……

 

ところが、茅乃舎だしは、1パック30袋入りで2000円程度。

「30袋もあるの!?飽きるでしょ!」と思われそうですが、そこは何と言ってもおダシです。

使い道は自由、二番ダシも、出がらしも使える。むしろ、普段の調味料分の食費が浮くと思えば、貧乏音楽家にはありがたいものです。

理由③『茅乃舎だし』は日持ちがいい。

しかも、『茅乃舎だし』は日持ちがいい。

ナマモノは美味しい。でも、持ち帰りを考えるとちょっとやばい。

でも、『茅乃舎だし』なら大丈夫。

美味しくって、それなのに日持ちOK、持ち帰りも気を使わなくってOK。万能選手にもほどがある。

一人暮らしの気になるアノ子にも、響け!『茅乃舎だし』!

理由④『茅乃舎だし』は美味しい。

『茅乃舎だし』は、美味しい。

そう。これです。これにつきます。

もう、この『茅乃舎だし』一袋でご飯3杯はいけます。

 

どんなに出不精、料理嫌いでも、とりあえず一袋煮出しとけばOK。

あとはご飯にかけてだし茶漬けにするなり、適当に具材入れといて煮込みにするなり、それだけで日々の食事が潤います。クックパッドにだって載ってます。

このダシ一袋あれば、嫌いなお野菜も、偏りがちな栄養バランスも一挙解消マジサイコー。それくらいうまい茅乃舎マジ茅乃舎、YES!KAYANOYA☆

まとめ:野菜だし/減塩だしもあるよ!

ちなみに、本家『茅乃舎だし』以外にも、まろやかな甘みがたまらない「野菜だし」、ちょっと高血圧なアノ人にオススメな「減塩だし」もございます。

 

 

お得な2つセットや、お試し用の3種セットもあるよ!ご家庭のある演奏者さんにぜひぜひ。

 

ちなみに、

「いや、あの、『茅乃舎だし』以外ってないんですか……?」

と顔面が引きつっているアナタには、以前、わたしがインタビューさせていただいた吉田佐和子さんのブログ「よしだより」や、「ぷらみゅ」さんの記事もご参考になさってください。

[sanko href=”http://sawakoyoshida.com/archives/11036″ title=”女性音楽家がもらって嬉しい演奏会の差し入れ!おすすめ7選【随時更新】” site=”よしだより”]

[sanko href=”https://plamyu.com/concert-gift/” title=”演奏会の差し入れオススメ3選!音楽家が教える失敗しない差し入れの選び方” site=”ぷらみゅ”]

 

とはいえ。

正直、わたしとしましては、演奏会に来ていただけるだけで嬉しいのです。

なので、本当、気を使わず、手ぶらで全然いらしてください。

「差し入れ決まんない……」と悩まれてしまうより、身も心も軽い足取りで演奏会に来ていただけて、演奏を喜んでもらえたら、それが、演奏者にとって1番の「差し入れ」です。

 

とまあ演奏会とかさておき、茅乃舎まじKAYANOYAなので、差し入れとかほっぽいてぜひ一度試してみてください。

それでは、また。

ABOUT ME
加藤 綾子
フリーランス音楽家という名のフリーター。 後ろ向きだっていいじゃない 人間だもの あやこ という意識の低さで生きている。