10/19(金)室内楽演奏会「Endor」開催!
本・書籍

【感想】きれいな人見知り漫画、ヤマシタトモコ『異国日記』

かつて、『ドントクライ、ガール』と題された、女子高校生と全裸男による私生活が一世を風靡した。いやあ、ひどい事件でしたね。

 

そんな変態やろうから云々年。ヤマシタトモコ氏は、女子中学生と人見知り女の私生活を描き始めた。

それがこの「違国日記」なのだった。

ヤマシタトモコ「違国日記」あらすじ

『違国日記』

作:ヤマシタトモコ

掲載誌:FEEL YOUNG

あらすじ:子犬みたいな女子中学生と、生き物の数え方が「1、いっぱい」の人見知り女がいっしょに暮らす話。

「異なる国」ではなく「ちがう国」なのがミソ。断じて百合漫画ではない。

スポンサーリンク

「誰が何を言って 誰が何を言わなかったのか」違国日記page.1

ここからは、『違国日記』の内容に多少触れつつ紹介していくので留意されたし。

 

話の軸となる「女子中学生と35歳少女小説家」の暮らしが始まるのは第2話=page.2から。

page.1は高校3年生の朝と、38歳の槙生ちゃんの生活から始まる。

で、このpage.1でおわかりの通り、基本的に違国日記はこういう話である。どういう話かというと、衝撃的なコマ割りとか展開とかはほとんどなく、他愛もない会話と、そこに挿入される心理描写ですすんでいく。

 

この第1話、ぶっちゃけ「大丈夫かこの漫画」と思うレベルで中身がないのだけど、後になって「ああ、3年前(=本筋)とここが違うのか」と納得できるような、微妙な距離感や空気が伝わってくる。

  • 前髪で眉を隠し切った朝の目線。“いんげん高すぎ。いんげん破産しそう”というTwitterさながらのスマホへの打ち込みは、よく見ると「Diary」=日記であることがわかる。
  • 槙生ちゃんとのやり取りは素っ気なくて自然で、朝は、くたびれクールなアラフォー女の横顔に、“ちがう国”と思う。
  • 編集者と思しき女性との電話ののち、“「死んでくる」ね…………”と指で机を空叩きする槙生ちゃんは、なんとなく不穏な感じがする。

 

緩い会話劇のくせして、いわゆる日常漫画とも、そしてもちろん百合漫画とも違うのは、こういうやんわりとした棘が随所に含まれているからだと思う。「誰が何を言って、誰が何を言わなかったのか」──page.2の槙生ちゃんの台詞は、たぶんこのpage.1から生きている。

同じ空間に生き物がいるだけでしんどい人のことば

そんな、時折やわい棘が見え隠れする槙生ちゃんは、ともかく人見知りで、何事も「怖い」というスタンスで生きている。

でも、そんな彼女の言葉遣いはとてもきれいだ

 

色々挙げたらきりがないのだけど、やっぱり代表的なのは、槙生ちゃんが盥回しにされていた朝を、勢いで引き取ることにするシーン。

「あなたの寝床はきのうと同じだ そこしか場所がない

部屋はいつも散らかってるし

わたしは大体不機嫌だし あなたを愛せるかどうかはわからない

でも

わたしはあなたを決して踏みにじらない」

──引用元:『違国日記』第1巻

ベタな展開なんだけど、槙生ちゃんのこの言葉遣いとコマ割り、吹き出しの間が絶妙。そして、度々登場する「あなた」という二人称を、ここまで違和感なく使える槙生ちゃんのキャラクター。

こういう、漫画じゃないと表現できない間が、ヤマシタトモコ氏は本当にうまい。

槙生ちゃんの魅力は「…」にある

でも、個人的にこの辺の台詞は、やや決めゼリフ感がある。

そうではない、槙生ちゃんのもっと、人見知りゆえにきれいになってしまう台詞がある。例えばpage.6、朝の旧家(田汲家)に遺品整理をしに帰った場面。

『気に入ってるものは持って帰ってもいいか』と朝に問われ、槙生ちゃんはこう答える。

もちろん あのうちに入りきらないほどは無理だけど

持ち主がいないからって捨てなきゃいけないことはない

…よく選んで

まあ多くなったら倉庫サービスでもなんでも使えばいいし

(太字は筆者)

──引用元:『違国日記』第2巻

 

「…」多っ。

でも、この「…」に、槙生ちゃんの気遣いとか距離感が詰まっていると思う。

「持ち主がいないからって〜」という、この時点の槙生ちゃんにしてはだいぶ砕けた口調の後に、「…よく選んで」

この「よく選んで」という一言が、とてもきれいなのだ。

 

ここの「…」には、槙生ちゃんの葛藤を感じる。「ちょっと余計なことを言ったかな」と思って、選んだ最低限の一言が「よく選んで」なのだ。「よく考えて」「よく選べばいい」でもない、「よく選んで」

なんならこの一言なしに「多くなった倉庫サービス云々」のくだりに入ったっていい。でも、槙生ちゃんはここで「…よく選んで」と、丁寧なことばを挟む。

そう、この「…」は、人見知り・コミュニケーション苦手ゆえの「…」なのである。なに言ってるかわからない? うるせえ!

スポンサーリンク

「こんなあたりまえのこともできないの?」

そんな槙生ちゃんには、どうしても看過できない古傷がある。むしろ、その傷があるからこそ、美しいことばを話すようになったのかもしれない。

朝の亡き母親──つまり、槙生ちゃんの姉・実里(みのり)との確執だ。

「こんなあたりまえのこともできないの?」

事あるごとに、槙生ちゃんが朝の背後に思い出してしまう実里の台詞。あの、キッツイですお姉さん……

実際に言われたことがなくても、誰しもきっと、似たような経験や視線を感じたことがあるはず。「こんなこともできないなんて」という圧を。

 

2巻まで発売された時点では、実際に槙生ちゃんと実里がどんな関係であったのか、母親としての実里がどんな人間であったのか、ほとんど描写がないのでなんとも言えない。

ただ、このトラウマとかPTSDみたいな感覚が、身に覚えがありすぎて辛い。ふとした拍子──それは決まって、ちょっと前に進もうとした時だとか、目の前にある現実を受け入れようとした時に現れるのだ。

「こんなあたりまえのこともできないの?」

槙生ちゃんの場合、それは姉の呪文だった。人によって、それは親であり、教師であり、友人であり、恋人であるかもしれない。朝の言う所の「圧」は、一度浴びせられるとずっとずっと、人のこころを縛り付ける。だから槙生ちゃんは、朝をかわいいと思いながら、それでもやっぱり、愛せるかどうかわからない。板挟みにもほどがある。

日記の行間みたいなもの

そんなわけで、page.1の高校生・朝と38歳・槙生ちゃんの日常は、とても重要な意味を持っているんじゃないかという気がしている。

 

例えば、page.1でチラッと登場するレンジでチンする蒸し鍋。

この鍋、実はpage.4の生ちゃんの旧友ダイゴを交え、3人で餃子を作るシーンに登場するものと同じである。

もっと言えば、page.1の槙生ちゃんと朝の会話は、page.4の槙生ちゃんとダイゴのそれにとてもよく似ていると思う。

「槙生ちゃん この1週間で見たことない顔してた し」

「槙生ちゃんは わたしの「友達」ではない」

──引用元:『違国日記』第1巻

page4.でダイゴと話す槙生ちゃんを見て、朝はそんなことを思い、「モヤッ」とする。

その「見たことない顔」をたぶん、page.1の槙生ちゃんは朝に見せてくれている。

 

3年前、朝は朝で、両親が亡くなったことに対して、まだ「悲しい」とさえ感じていなかったし、(ギョウザに何が入っていたか思い出せないシーン、いいよね)要するに、高校生の朝と38歳の槙生ちゃんは「友達」っぽくなっているんじゃなかろうか。

スポンサーリンク

『違国日記』感想まとめ

人見知りがゆえにきれいな言葉を話す、槙生ちゃん。

そして、それは槙生ちゃんだけではない。槙生ちゃんの旧友・ダイゴは、高校生最後の日に「きみがいなかったら息ができなかった」という手紙を書き、槙生ちゃんはそれを読んで「生きていていいんだ」と思う。

朝は「悲しくなったら言うから」と槙生ちゃんに感謝を告げ、槙生ちゃんの元彼・笠町くんは、両親について「育てることと愛情は別にあった」と漏らす。

 

要するに、違国日記は今流行りの「共感作用」みたいなものにどっぷり浸かっている作品でもある。

もちろん、ここからどうやって第1話の友達みたいな会話に解けていくのか、とか、槙生ちゃんと姉の確執はどうなるのか、とか、こまごまとした伏線らしいものはある。

でも、登場人物の言葉に共感できなければ、ほんとうに全く心に残らない作品かもしれない。彼ら彼女らの魅力は、ある意味萌えに近いものがあるので、「あ、そういうのいいです」的な人はそもそも受け付けない可能性がある。

 

……それにしても、これら槙生ちゃん付近と比較した時の、朝の親族やら学校の教師やらの「大人らしい大人」たちの、ダメっぷり・無神経っぷりはヒドイ。槙生ちゃんバリヤーでだいぶ緩和されているけど。

あと、ダイゴのタレはマジでうまい。

きれいじゃないヤマシタトモコはこちら

ちなみに、棘が刺さりすぎてきれいじゃないヤマシタトモコが読みたい人は、「運命の女の子」とか「ヒバリの朝」あたりを読んでえぐられるといい。

特に「運命の女の子」収録の『無敵』『きみはスター』は、いいぞ。登場人物が何を考えているのか、短いページ数の中でぞわぞわ明かされていく。たまりませんよ。

 

ABOUT ME
加藤 綾子
フリーランス音楽家という名のフリーター。 後ろ向きだっていいじゃない 人間だもの あやこ という意識の低さで生きている。ヴァイオリン演奏・ライティングなど、お仕事のご連絡はこちらにお願いいたします。ayakokatovn@icloud.com
室内楽演奏会「Endor」開催

「モーツァルトへの手紙」をテーマに、モーツァルト作曲の室内楽曲、そしてオーボエ四重奏のための完全新作「Endor」(エン・ドル)を初演いたします。

ご予約・お問い合わせはこちら!