MUSIC

ガット弦のメリットとデメリットを主観でまとめてみた

ヴァイオリンの弦の中でも、特に扱いが難しいとされる「ガット弦」のメリットとデメリットについて、個人的主観でまとめてみます。「ガット弦、気にはなってるんだけど……」というあなたの背中を押せたら幸い。

はじめに:ガット弦は扱い難い?

そもそも、本当にガット弦は扱い難いのか?」 という問いについて、ヴァイオリン始めてから20年以上、(E線以外)ずっとガット弦を使い続けている私の結論を書いておきます。

ぶっちゃけ、

慣れ

です。

私も途中、他の弦を試したりもしたのですが、結局ガット弦に戻ってきました。

番号順に、①がゴールドブラカット、②がオイドクサ、③④がオリーブです。

 

スポンサーリンク

ガット弦のメリット

まずはメリットから行ってみます。

音色がいい

やっぱり、音色が違います。メリハリがつきやすいというか。深かったり、輝かしかったり、音域によってはっきりとした音色の差が出ます。

ガット弦の音に慣れると、ナイロン弦の音がなんかチューナーの音みたいに聴こえてきます。優秀なナイロン弦も増えてきていますが、今のところ私の楽器にはガット弦が合っているようです。

使用できる寿命が長い

体感、がんばれば半年くらい。

時期によっては早くて3ヶ月ということもありますが、大体4〜5ヶ月くらいは持ってくれると思います。(一般にナイロン弦は3ヶ月程度だと言われているらしい)

 

とりわけ、本番が多くなってくる音大生・社会人にとって、これは大きなメリットになります。しょっちゅう張り替えることになると、その度ごとに弦も楽器も調子が変わるわけですが、ガット弦は持ちがいいぶん調子の変化も緩やか。

個人的にはオリーブのほうが持ちがいい気がします。オイドクサのA線はダメになったときのダメダメっぷりがわかりやすくダメダメです。

ガット弦のデメリット

値段

高価です。

高いっス。

ドミナントのD線が¥3,000くらいに対して、オリーブのそれは¥6,000。確かにびつくり。でも、持ちがいいのでプラマイゼロじゃないかなあ。

調弦

狂いやすいです。これは本当。

ガット弦を使う場合、さらに気温・湿度管理が重要になってきます。コンサート会場は往々にして乾燥していることが多いので、ダンピットなどの対策は欠かさずに。

 

スポンサーリンク

ガット弦を使うときのポイント

本番中の調弦はこまめに。

ガット弦を使う場合は、楽章間で調弦を行うなど気を配りましょう。

ただ、どうしても調弦を挟めないときや、オーケストラのときは、左手の指で弦の付け根をググッと。

張り替えた古いガット弦は捨てずにキープ

もしガット弦が切れてしまった場合、使用済み、つまり既に伸びている昔の弦を使いましょう。ナイロン弦と違い、予備の新品を張ってもとっさには調弦が整いません。ネジを回して弦を伸ばしても瞬く間に巻き戻ってしまいます。

 

ガット弦を張替えるときは、くれぐれも古い弦を捨てず、予備としてキープしておきましょう。

ガット弦のシルバー巻きも試してみる価値あり

これは個人的な体験。

いま、私はD線にオリーブのシルバー巻きをガット弦使っています。以前はシルバーでないオリーブでした。

ところが、たまたま楽器屋さんで「張り替えるなら使ってみる?」と言われて試し弾き。お、D線いい感じじゃん、と思ってなんとなくG線を弾いたら、ぜんぜん鳴りが違いました。

 

それ以来、私はD線にはシルバーを使っています。当たり前っちゃ当たり前ですが、同じオリーブでも、シルバーか否かでガラッと変わることもありますよ〜、というお話。

まとめ:ガット弦のメリットは断然、音色。一度は試して損はしない。

結局、弦って楽器との相性・あなたの好みの問題になってきます。

私はたまたま、初めからガット弦に慣れていたので、他のものに変えても違和感が拭えなかったり、そもそも種類を変える必要に迫られませんでした。

が、もしあなたがいま、自分の弦にお悩みなら、「ガット弦は扱いづらい」という先入観を捨てて、ぜひ一度試してみてください。お値段も張るしすぐに機嫌が悪くなっちゃうガット弦ですが、頼れる相棒になってくれるかもしれません。

ついでに、松脂について知りたい人はこちらもどうぞ。

松脂アレルギーのヴァイオリン弾きには『ラーセン』の松脂がオススメ。ヴァイオリンやって20年くらいの私、実は、松脂アレルギーです。そんなわけできょうは、 「ヴァイオリンをやりたい/やっているのに、松...

それでは、また。

ABOUT ME
加藤 綾子
ヴァイオリニスト。 biography