10/19(金)室内楽演奏会「Endor」開催!
我が家のいぬの話

我が家の雑種犬・4歳の誕生日に手作りバーガーをご馳走した話

「犬にケーキ買ってきてロウソク突っ立てて、『ショコラちゅゎ〜ん、お誕生日おめでとぉ〜❤』なんて抜かす奴ぁ、ろくなもんじゃない

それは、我が家に先祖代々伝わる言い伝えである。一家は揃って、犬をやたらに人間扱いする悪しき風習を、実に蔑んだ目で見つめていた。

 

2016年、2月のあの日までは。

 

 

……っブハァあああ〜可愛いかわいいよれんれんほんとまじかわいいよああああもうお姉ちゃんれんれんから一生離れないよっ愛してる❤❤

 

 

というわけで2018年7月20日。我が家は、れんれんの推定4歳の誕生日をひと月も遅れて祝った。今日はその記録を残しておく。蔑んでくれて構わない。

『脱糞王子』と呼ばれていた元・保護犬が、我が家の一員になるまでの話。こんにちは。 加藤綾子(@akvnimp)です。 突然ですが、我が家には、引き取って一年半経つ雑種・オス・推定3歳・...

肉食系の犬の誕生日はバーガーに限る。

うちの子は、こんなツラして肉食系である。

日本シェパードです!新種です!よろしく!

 

毎朝散歩に行く公園では、必ずおやつパーティーが始まる。皆、思い思いのおやつを(飼い主が)持ちより、それぞれに(飼い主が)気を配りながら分け合うのである。

基本的に、どの子もみんな、にんじんだろうがクッキーだろうが肉だろうか喜んで飛びつき、迷わず食いつく。お姉ちゃんちょっと心配になるレベルで、誰も彼も疑いというものを知らない。

が。

 

うちの坊主ときたら肉しか食わない。それもナマである。

今日は馬肉か、悪くねえな。

こんの広島生まれの雑種犬様ときたら、ハンドメイドの茹で鳥やらジャーキーでもないと、見向きもしない。市販流通品の乾き物を差し出されたが最後、「スンスン」とひと嗅ぎしたあと「ぷい」と首を背けやがるのである。我が家の教育に大いなる疑惑の目が向けられる瞬間。朝からいたたまれない。

スポンサーリンク

助けて、村上祥子先生! 家庭科の成績最低だったけど、私、犬用バーガー・バンズを作りたいの!

というわけで、誕生日ケーキは鼻から決まっていた。手作りローストビーフバーガーである。

ちなみに、ローストビーフは我が家の女頭領が、バンズは絶賛すねかじり中の末娘、つまり私が担当した。

そう。万年、家庭科といえば10段階評価で4だった私が、おうちでパンを焼くのである。それもこれも村上祥子サマのおかげである。村上祥子サマ万歳!

犬用バーガー・簡略しすぎなレシピ

で、完成したのがこちら。

撮影能力がマイナス値を叩き出したせいでものすごくマズそうだが、これに粗塩をかけて食べるとめちゃ美味しい。

バンズといっても犬用なので、もちろん無塩です。

生地には、バターとオリーブオイルと牛乳。粉は強力粉とセモリナ粉を半々。

あとは庭先のローズマリーをぶち込んでひたすらコネまくり、村上祥子サマの教えに従ってお手軽発酵させてオーブンで焼いて出来上がりである。

セモリナ粉とローズマリーはベストカップリングすぎ。我ながらハイソなまな板で鼻歌とか出ちゃう。女子力女子力ぅ☆

スポンサーリンク

誕生日犬vs霜降りローストビーフ

対するローストビーフは、お母様、何を血迷ったのかお母様、よりにもよってお犬様用のパティに超・霜降り部分をお使いにあそばされた。

これが霜降り……かと思いきや、こっちは余った方の脂肪少なめ人間用。恐ろしいギラギラ具合である。

 

こちらも、もちろん味付けは一切なし。それ以外は、人間が食べるローストビーフと全く同じである。脂分多すぎてちょっと心配になるが、

「ま、全部は食べないでしょ」

と女二人でタカを括っていた。

 

大甘であった。

れんれん様のご登壇 〜誕生日会の開幕〜

さて、準備は整った。いよいよ、我が家のお犬様、れんれんをお呼びいたす。

 

ささっ、れん様、本日はめでたき日にございまする! どうぞこちらへ、こちらへ!

な、何なんこの謎の物体……

 

おっ、美味そうじゃん?

 

えっ? なに? 食べちゃいかんの?

 

ちょちょちょお母様やだなにするんですかやめてっ

 

なんでおすわりして待ってなきゃあかんの……何なん、このただならぬ雰囲気……
スポンサーリンク

れんれん様、いざ実食。

お姉ちゃん、どんだけ写真撮るん……

 

よだれを垂らしながらおすわりする雑種犬。必死でなだめすかす母親。無機質なiPhoneのシャッターをひたすらパシャパシャ切りまくる娘。

現代社会の闇を実感したところで、「いかん、このままではめでたい誕生日どころか、れんれんに新たなトラウマを植えつけてしまう」と気づく。

ビビりすぎて、「よし!」の一声にすら反応できないお犬様。いつものことです。そして……

 

 

 

バンズ食えよ

 

 

 

いや食えよ

 

 

肉汁めっちゃしみとるやん……あっ

ふんぬっ!

 

………………………………。

閉会:犬の誕生日祝いも悪くない。

 

というわけで、加藤れんくん、推定4歳のお誕生日会は、無事完食に終わった。

おかげさまで翌朝のお散歩は、体感温度35度にもかかわらずめっちゃ元気に飼い主を引き摺り回していた。霜降りパワー半端ない。

 

ハッピーバースデー・れんれん。

少しでも長生きして、少しでも多く誕生日をお祝いさせておくれ。

 

※ただし肉に限る。

 

ABOUT ME
加藤 綾子
フリーランス音楽家という名のフリーター。 後ろ向きだっていいじゃない 人間だもの あやこ という意識の低さで生きている。ヴァイオリン演奏・ライティングなど、お仕事のご連絡はこちらにお願いいたします。ayakokatovn@icloud.com
室内楽演奏会「Endor」開催

「モーツァルトへの手紙」をテーマに、モーツァルト作曲の室内楽曲、そしてオーボエ四重奏のための完全新作「Endor」(エン・ドル)を初演いたします。

ご予約・お問い合わせはこちら!