Belgique

ディナン観光「メゾン・ドゥ・ラ・パタフォニー」に行ってきた話

サックスの街・ディナンの観光スポット「メゾン・ドゥ・ラ・パタフォニー」(Maison de la pataphonieなるミュージアムへ、IMEPの授業の一環で行ってきました。ちょっと面白かったので書きます。

ディナン「メゾン・ドゥ・ラ・パタフォニー」アクセス

メゾン・ドゥ・ラ・パタフォニー(Maison de la pataphonie)

  • 鉄道でBrussels市内から直接、あるいはGare de Namurで乗り換え→Gare de Dinant降車
  • Gare de Dinantから徒歩10分ほど。ディナン自体ちいさな街なので、最初の橋さえ渡れば、あとは迷うこともないかと。

ささいなことですが、現地では「ディナン」より「ディン」と発音したほうが通じやすいっぽいです。

スポンサーリンク

そもそも「メゾン・ドゥ・ラ・パタフォニー」って何?

ベルギー、ディナンに位置する音楽博物館。ディナンといえばサックスの街、アドルフ・サックス・ハウスなどが有名ですが、こちらの「パタフォニー」もなかなか面白い。

何をする場所かというと、早い話、身近にある生活用品だとかを使った、創作楽器の展示とデモンストレーションを行ってくれる場所。よくわかんねーですね。なので、今回は手っ取り早く、写真と動画をガガっと載せていきます。

この写真だけで冒険心がくすぐられたりくすぐられなかったりする。

 

入館受付〜館内へ

 

まずは入口(↑写真の左奥から入館)。入ってすぐ、それっぽいオブジェのある広場に出ますが、ここではとくにイベントなし。ちゃちゃっと階段を登って建物二階から館内へ。

 

入口手前には日本語の案内も。ディナンは観光地として人気らしく、わりと日本語案内を見かけます。
オブジェの向こう側、牢屋口のような扉の向こうで、開館まで待機していました。寒いんだもん。

 

そして館内。至る所に、ボトルやらペットボトルやらパイプやら、よく知っている道具が飾られている……と思いきや、これらぜんぶ楽器です。

部屋ごとにテーマが決まっているのか、パイプだらけの部屋だったり、モンスターが目覚める部屋だったり……26歳、恥ずかしながらワクワクが止まらない。ヒャッハー秘密基地っぽい!

スポンサーリンク

ボートも楽器、パイプも楽器、お水を張ればあら不思議

例えば、どことなく船内っぽいこの部屋。写真右、白いボートに注目。

左奥の便所のアレみたいなのも、右奥の細長いのも、みんな楽器。

 

水が貼ってあるこいつ。まさか頭つっこんでブクブク言わして鳴らす楽器じゃあるまい、と思っていたら、

こいつと、

このひとたちで、

こうなる。大体こんな感じの場所。

「メゾン・ドゥ・ラ・パタフォニー」一般公開は日曜午後が狙い目っぽい?

HPをみたところ、一般公開のコース(75分間)は、日曜・祝日・学校休日の午後2時-午後4時のみ、ひとりあたり6€。

それ以外は団体利用による予約のみの模様。また、土曜日は祝日であっても閉館日のようなので、ピンポイントで狙うなら日曜がよいのでは、と思います。詳細はこちら。

Tout Public – Le CCD est heureux de vous accueillir à

スポンサーリンク

参考ページ

Maison de la pataphonie 公式HP

そのほかベルギー系の記事

ベルギー・モンスで一日観光してきた〜時計塔まじオススメ(画像・動画多し)ベルギーはモンスにて、知人とお会いできることになったのでついでに日帰り観光してきました。ファンタジー全開で可愛くて綺麗な街で、冒険心くす...
2019年モネ歌劇場・オネゲル作曲「火刑台上のジャンヌ・ダルク」まとめレポベルギー・ブリュッセルのモネ歌劇場にて開催された、オネゲル作曲「火刑台上のジャンヌ・ダルク」公演のちょっとしたレポートと、関連情報まとめ...
ABOUT ME
Ayako KATO
ヴァイオリニスト。ブログはデトックス用。 biography
2020年・春 一時帰国のお知らせ
Février – Mars, 2020.
Ayako Kato rentrant au Japon

Agenda

2020年春・一時帰国中のスケジュール