クラシック音楽

わたしが今「学生時代にもっとクラシック・コンサートに行けばよかった」と後悔しているワケ

こんにちは。

加藤綾子(@akvnimp)です。

 

音大生や若い音楽家のアナタの中は、たぶん、

「人の演奏を聴きなさい!」

「コンサートを観に行きなさい!」

と周囲に言われ、ゲンナリしている人もいると思います。

 

わたしも以前はそう言われるのが大嫌いだったのですが、今になって、「演奏会もっと行っときゃよかった……」と大大大大大後悔中です。

そんなわけできょうは、

「どーして、音楽を学ぶ若人は、プロの演奏家のコンサート・生演奏を鑑賞するべきなのか?」

理由を考えてみました。

 

※ちなみに、「お勉強のためにクラシック・コンサートなんて聴きに行けるかァ!」とイキっていた頃の記事はこちら。「クラシックのコンサートを聴くのが嫌いだったけど、最近楽しくなってきた話。

[kanren id=”1163″]

生だからこそわかる、音の厚みや響きを体験する

今の時代、録音・録画はもちろん、YouTubeやNaxosでなんでも聴けます。

でも、それだけでは到底わからない音の厚みや響きがあります。

ソロもオーケストラも、室内楽も、なんだってそうですが、特にオーケストラの場合、生演奏を聴いたことがあるかないかで、「一回本番に乗ったことがあるかないか」とおんなじくらいの経験値になります。本当です。

 

実際にコンサートホールに行き、客席でその音楽を「体験」したことがあるかどうか。

これがあるかないかで、自分が実際に舞台上で演奏するとき、イメージの湧き方がぜんぜん変わります。

スポンサーリンク

自分の演奏・音楽と聴き比べる

どんな指使いで演奏している? ボウイングは? フレージングは? どんな解釈がある?

わかりやすいところだと、バッハなんて、本当に人それぞれ全く違う演奏法・解釈がありますよね。

それを、編集されていない生の映像で観ることができ、聴くことができる。

そうして、「自分ならこうする」というイメージの違いを比べたり、「こういうやり方もあるんだ!」と発見することができる。

 

これは生演奏じゃなくても同じかもしれません。でも、やっぱり度胸一発・本番一発の生演奏だからこそありうる演奏法・解釈があると思うんですよね。

例えば指使い一つとったって、「普通にやってるだけじゃ気がつかないけど、本番だとこれがなぜかハマる」なんてものもあります。

熟練の演奏家は、そういう自分だけの必殺演奏法を編み出しています。

一度、自分もよく演奏していたり、知っている曲の生演奏をじーっくり観察してみると楽しいですよ。「そんな指使いあり!?」なんてことザラです。

生の呼吸・間を感じられる

生演奏だと、だんぜん、演奏者の呼吸を感じやすいはず。なんなら鼻息とか聞こえてきますからね。

そして、それに伴ったも感じられます。

 

どんなふうに身体を使って呼吸をしているのか。

この曲を、このホールで、この人数の時、どんな間の取りかたをするのか。

……うん、確かに、生のコンサートは勉強になるんですよねえ……学割効くうちに行っとけばよかったなぁ……

▶呼吸の大切さについてはコチラ。「弦楽器奏者よ、演奏中に呼吸を止めるな!死んじゃうゾ☆

[kanren id=”3123″]

スポンサーリンク

音楽家同士の話について行ける

これ、意外と地味に大事だと思うんです。

例えば、弦楽器奏者や管楽器奏者同士だと、オーケストラの話なんてバンバン出ます。「こないだ、〇〇オーケストラ聴きに行ったよ」「△△の指揮めっちゃいい」みたいな。

そんな時、話に全くついていけないと、とてもさみしくなります。国内外の主なオーケストラは抑えときましょう。

 

あと、自分の専攻以外の楽器の演奏会とか行ってると、その専攻の人とも話しやすくなります。ていうか、めっちゃ勉強になります。

わたしだったらピアノや管楽器ですね。

例えば、ヴァイオリン専攻のアナタが「〇〇」という人のクラリネット・リサイタルに行ったことがあったとして、同じくクラリネット専攻の友達に、

「そういえばこないだ『〇〇」って人のリサイタル行ったけどよかったよ」

などと一言漏らしたが最後、そのクラリネット専攻の友達はアナタにイチコロズキューンです。こんにちは青春。

 

一番きついのは、まるきり話についていけないことです。

いいんです。もしチンプンカンプンな話になっても、「あー、〇〇といえば、あの人のあの演奏、知ってる?」と自分の知ってる・得意な領域に連れて行ける。

それだけで音楽の世の中じゅうぶん渡っていけます。

コンサートに行く・プロの生演奏を聴く、ということは、練習やレッスンと同じ音楽経験になります。そこに、なんら違いはありません。

音楽や演奏に対する価値観が芽生える

そして、結局、一番大事なのはこれです。

その日、出会った演奏が、アナタの音楽観、ひいては人生の礎となります。

 

「あの演奏はああだったけど、この人の演奏は好きだ」

「今までこの曲ぜんぜん好きじゃなかったけど、この人の演奏聴いたら、まるで別の曲みたいで楽しい!」

「いやー、ぶっちゃけ、この曲に関しては俺の方が上手いわー、大したことないわー」

 

なんでもアリです。思うだけならタダです。これを、あんまり気心しれない音楽仲間やら同僚やらと話し始めるとめんどくさかったりしますが、とりあえず心の中でぐるんぐるん回しときましょう。

そうして、デパートのくじ引きのようにぐるんぐるん回して、ある日、コロン、と転がり落ちてきたものが、アナタの音楽です。

スポンサーリンク

最後に:どんなコンサートも楽しむのが一番。

というわけで、かつての自分に向けて書いたような記事でした。

今だって、お勉強のためだけにコンサートへ行く気はしません。やっぱり「楽しそう」と思うことが一番。

でも、学生時代、ちょっとでも「良さそうだな」と感じるコンサートがあったのなら、素直に足を運んでおけばよかった──そう後悔している今日この頃です。

 

今現在「クラシックのコンサートなんて、ケッ」と小石を蹴飛ばしているアナタ。

打ち上げ代になりかけているその千円札を握りしめて、とっとと演奏会に足を運ぶが吉です。

なんだっていい。アナタが、「お、これは」と思ったコンサートに、素直に行けばよいのです。下手に友達とか連れて行かないで、ぼっち鑑賞がオススメ。集中できます。

 

それでは、また。

どうぞ、悔いのない音大生活を。

▶「「結果が出ない」音大生だった自分の顔面に、ぶっといマーカーで書き殴ってやりたいこと。

[kanren id=”2970″]

ABOUT ME
加藤 綾子
フリーランス音楽家という名のフリーター。 後ろ向きだっていいじゃない 人間だもの あやこ という意識の低さで生きている。