本・書籍

【オススメ教本】今さら聞けない、ヴァイオリン奏法の基礎固めに!『ヴァイオリン Basics: いつでも学べる基本練習300』

こんにちは。

「きれいなボウイングって何……正しい楽器の構え方って何……」

と、ヴァイオリン奏法の基礎がゲシュタルト崩壊しそうな加藤(@akvnimp)です。

 

今日は、そんなわたしが現在、基礎練習のお供としてとっても頼りにしている教本『ヴァイオリン Basics: いつでも学べる基本練習300』(サイモン・フィッシャー著、木村恭子・勅使河原真美訳)をご紹介します、

楽器の構え方、弓の持ち方……ヴァイオリンの基本が全て詰まってる

『Basics』とあるように、ともかくヴァイオリン奏法の基本が詰まっています。

エクササイズは全部で300。そのうち、パートA〜Cまでが右手・ボウイング、D〜Gが左手・音程に関わるもので、種類がとっても豊富。

右手のエクササイズだけでも相当なボリューム。よりどりみどり。

 

ですが、全てを順繰りに行う必要はなく、自分が苦手に思うところ・疑問に思うところから選んで取り組めばいいようになっています。単なる教則本というより、百科事典のような感じですね。

目次もかなり細かく書いてあり、調べたいことはすぐ見つけられます。巻末には日本語の索引もついています。

 

譜例も写真もたくさんあるので、「これ、どうやればいいの?」ということはあまりないはず。文章もわかりやすいです。

スポンサーリンク

初心者〜上級者、身体の小さい人から大きい人まで、幅広く対応。

わたしは右手の研究中なので、例えば、よくある「指先だけで弓を動かすエクササイズ」とか、「人差し指と小指のバランス」とかを、いつでも解説文と写真で確認できるので助かります。

また、エクササイズによっては腕の長い人/腕の短い人など、演奏者の体格の違いを考えてくれているものもあります。チビで手も小さいし腕も短いわたしには、これがすごく嬉しい。

 

いわゆる教本って、パッと見「どんな演奏者を想定しているのか」がわかりにくいものが多かったんですよね。なにせ欧米人のおっさんが書いてる本が多いので、日本人の我々には実はぜんぜん当てはまらない基礎練習だったり……

どのエクササイズも、一日10分足らずで始められるものばかり。継続して行うも、気になったところだけ単発で行うもよし。

弓の持ち方・楽器の向きから、わかりやすい言葉で教えてくれるので、独学で基礎を学びたい初心者の方は、これ一冊あるとだいぶ違うと思います。

まとめ:中・上級者の基礎固めにオススメな教本

ただ、初心者の方がこれだけで楽器を始めるには、ハードルがちと高いです。

相当わかりやすい言葉と図で解説してくれていますが、まったくヴァイオリン初めての状態だと「????」なところも多いと思われます。

そのため初心者の方は、レッスンを受けながら自宅の練習での補強に使うのがベストかと。

 

反面、中〜上級者・音楽家の方にはじゅうぶん理解できる内容です。

普段何気なく行っている動作の確認や、「なんかこのテクニックがうまくいかないぞ」というとき、ささっと調べられますし、気に入ったエクササイズを基礎練習のメニューに加えてもいいでしょう。

ともかく、ヴァイオリン奏法の基礎への汎用性と、文章・図によるわかりやすさ、見つけやすさが秀逸です。

「今日はなんとなくセヴィシックのこれやっとくか……」と練習するより、この本でちゃっちゃと見つけて練習した方が、早いし安心です。

 

というわけで、サイモン・フィッシャー著『ヴァイオリン Basics: いつでも学べる基本練習300』なのでした。

そのほか、オススメなヴァイオリン教本はこちらにまとめてあります。

イカした『ヴァイオリン教本』5冊を紹介するぜ!初心者〜上級者まで、基礎練習のお供にはこいつらだ!こんにちは。加藤(@akvnimp)です。 プロであれアマチュアであれ、スポーンと抜け落ちがちな基礎練習。 そこで、...

ヴァイオリン奏法に関してお悩みの方は、コチラのまとめからもどうぞ。

クラシック音楽・ヴァイオリンこちらは加藤綾子のオフィシャルブログ「平成カトグラシー」の記事の中から、 「ヴァイオリン」「クラシック音楽」 についての記事...

 

それでは、また。

ABOUT ME
加藤 綾子
フリーランス音楽家という名のフリーター。 後ろ向きだっていいじゃない 人間だもの あやこ という意識の低さで生きている。ヴァイオリン演奏・ライティングなど、お仕事のご連絡はこちらにお願いいたします。ayakokatovn@icloud.com