ヴァイオリン・即興演奏の個人レッスン申し込み受付中!

修了演奏会が終わったので犬になります

こんにちは。

昨日、大学院修了演奏会を終えたピッチピチのヴァイオリン奏者・加藤綾子(@akvnimp)です。

せっかく修了演奏会が終わったのでなにか書こうと思ったのですが、抜け殻状態です。

無気力ともちょっと違います。悪くはない感じです。

というわけできょうの記事は、noteに書いているアレのさらに上を行くどうでもよさです。どうでもよい文章が読みたいかたはどうぞ。

 

なんだかここひと月くらいの思い出がありません。

もちろん、記憶喪失とかではありません。他人事みたいな感じがするのです。

仕事もあんまり入れないようにしていたし、極力、修了演奏会以外のことは考えないようにしていたせいかもしれません。

なにしてたっけ、と自分のTwitterとかnoteとか見てみましたが(便利ですね)、余裕ぶってるフリして余裕ゼロなのが見え見えです。

あ、でもれんれんとの雪のお散歩はほんとに楽しかった。

犬よりテンション高いです。

雪を嫌がるオトナにはなりたくない、というのが昔からの主義ですが、いまのところ通せています。

 

で、きょうは朝から小学校に行ってレクチャーコンサートをし、

「自分へのごほうび☆その1」として、溝の口駅の泪橋でマンモスラーメンを平らげ(昨日の夕餉は盛岡ラーメン)(溝の口駅マジラーメン天国)、

その後、ちょっと諸事情で病院(健康面ではありませんのでご心配なく)に赴き、

「自分へのごほうび☆その2」として千疋屋のんまーいイチゴショートケーキを平らげ、

「自分へのごほうび☆その3」として冬物の安いワンピースを色違いで2着求め、

適当においしそうなイタリアン惣菜とか買って平らげ、れんれんと人間を捨てて遊び、いまに至ります。

 

満足ともちょっと違う。まあ、いっか。とだらけてしまう気分です。

もーふとんから出たくありません。

ここにれんれんがいてくれたら今夜は掻き抱いて寝るのですが、やつめ、母のベッドから降りてこようとしません。

いつもぬっくぬくです、うらやましい。

バルトークさんは相変わらず黄ばんだ顔で睨んできます。

なんだか責められている気がします。

 

どーしよっかなー。

これからどーしよっかなー。

 

と、思ったところで先ほど、れんれんのいるベッドにダイブしてきました。

そして気がつきました。

 

そう、わたしはいま、犬になりたいのだ。

尻尾たらしてふかふかのふとんにくるまって、1日2回の散歩だけ行ったらあとは日がな一日寝てる、そんな、犬になりたいのです。

だってほら、戌年だし。

 

というわけで、今年は、も少し、軸のぶれない一年を送りましょう。

ほどほどに緊張感がないと、わたしは、どうもだらけてしまうようです。

 

まーでもきょーくらいはいーよねーだるーいーだらーん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です